ウォーターサーバーのボトルの種類

たくさん入るタイプは交換頻度が少ない

水道水は、水道管を通って水が送られてきます。ですから蛇口から出る水をそのまま使う分には特に苦労はありません。ペットボトルの水となると、ペットボトルを購入したり運んだり冷蔵庫で冷やしたりが必要になります。ウォーターサーバーは、サーバーと呼ばれる機械にボトルをセットして使います。水道水のように何もしなくていいわけではありませんが、タイプによって使い勝手が異なります。機械の上部に大きなボトルを設置するタイプがありますが、こちらであれば半月近く交換の必要がない時もあります。ですからあまり手間がかからないボトルと言えるかもしれません。ただボトルはリターナルタイプなので業者に返還します。ボトルのストックのスペースが必要になります。

小さいタイプは誰でも交換できる

ウォーターサーバーを選ぶとき、ボトルがどんなタイプかは結構重要です。大きなタイプは上部に設置する必要があり、それなりに力が必要です。お年寄りの女性だと利用できないかもしれません。誰でも使えるボトルとしては、小さいタイプを設置すればよいものがあります。設置場所も上部ではなく本体の下部等なので、持ち上げたりする必要がありません。さらに使い捨てタイプが多く、使い終わったらボトルはつぶして捨てられます。リターナルタイプだと返還のために置いておくスペースが必要ですが、使い捨てならそのスペースの確保がいりません。あまり広くない部屋でも問題なく使えます。交換の頻度は多くなりますが、ペットボトルよりは利用しやすいでしょう。

水のサーバーには天然水とRO水というものがあります。天然水は源泉から採取したものを殺菌して安全に飲めるようにしたもので、RO水は水道水を特殊なフィルターでろ過し、不純物を取り除いたものです。